読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドさんのK2ブログ

シナリオライター、茶渡エイジのブログです。タイトルのK2はケツと読みます。

このWeb小説全盛時代に公募したいけど「ラノベ新人賞」って書いてある封筒を郵便局員さんに渡すのが恥ずかしい。

 今プロラノベ作家になるには、Webで書籍化狙うルート、公募で賞を取るルート、実力つけてコネを作ったり営業して売り込み、というのがオーソドックスだと思います。

 ぼく自身、公募歴は長いけど公募回数が少ないのですが、そういや過去の公募で思い出深い出来事もあったなあと今書いてて思い出しました。

 雨の中、締め切り当日に出しにいったらビニール袋が破れて封筒が濡れて角が破れたり住所がにじんだりしていて、局員さんに「大丈夫だから」と励まされながら17時回っていたのに当日の消印を押してもらったり(田舎は0時までやってないの!)

 マチ付きの封筒が締め切りの日までに手に入らなくて駅前の印刷店さんに泣きついたら封筒を譲ってくださったり(結局マチなし封筒しかなかったけどそのときの原稿はそれで入ったというミラクル。受賞したら感謝しにいこうと決めてもう何年……)

 やはり締め切り当日に印刷していたら、最後の1枚を吐き出した瞬間プリンターがインク切れで止まるミラクル。

 こうやって見ると締め切り当日に持っていきすぎじゃろ。

 反省して今回は早めに持っていきます。なんとこの記事を書いている今、もう原稿は出せる状態にあります。

 さて、そんなことしなくても今のラノベ賞はWeb応募ができます。

 ただtxtが基本、あってもWordか一太郎の形式しか受け付けてもらえないという。

 ぼくは原稿の組版で多少良し悪しが決まると思ってるので、できれば紙で公募したい派です。嘘です。ご存じの方もいると思いますが僕の小説は基本的に当てルビが多いのでtxtだと読めたもんじゃないんです。

 あとあまりに久しぶりすぎて、「ラノベ新人賞」って書いてある封筒を郵便局員さんに渡すのが恥ずかしい。

 そこで解決策をTwitterで募集したところ、公募クラスタのみなさんから楽しい回答を得ることができましたのでさっそくブログのネタにします。ブログネタ乞食も板についてきたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

他にも

「出版社に直接行って受付に投げてくればいいと思うよ」(@鍵)

 

 それができねーから地方に住んでんだ!

 

「エロ本で原稿を挟んで持っていきましょう」(@鍵)

 

 山田君、座布団一枚!

 

 

 まあ答えはひとつしかないんですけどね。

「いいから早く持っていけ!」 

 

キングコーポレーション 保存袋 角形2号 10枚 K2KHH120 クラフト ひも付

キングコーポレーション 保存袋 角形2号 10枚 K2KHH120 クラフト ひも付