サドさんのK2ブログ

シナリオライター、茶渡エイジのブログです。タイトルのK2はケツと読みます。

BDP9th ピロウズ合同について

2020年2月2日に開催のBanG_Dreamer's Party! 9th STAGE、【C-15】積み木のお城様にて頒布予定のthe pillows×BanG_Dream!合同『GIRLS ROCK AND SYMPATHY』に寄稿させていただきました。
https://note.com/uxsoto/n/nd3097ca96985

 

 ということで、イベントお疲れ様でした。

 合同誌に寄せさせていただいた手前、ここは収録作品全部に感想書かないと、と義務感に駆られたりもしてブログを綴っているのですが、皆さんの作品が自由度高めなので(自由はピロウズ合同のコンセプトでもあります。主催かいわれさんが書いてるから間違いない)下手くそな感想を書くよりも、作品紹介程度の所感に留めて「あとは買って読んでね!」とした方が賢明だと判断し、その方向で書いていきたいと思います。では収録順につらつらと行きましょう。(以下、敬称略)

 

0,表紙(バードストライク

 ピロウズのジャケパロなんですよ。美咲ちゃんここしか出てこないから嬉しい。

 

1,バビロン 天使の詩(しゅかろーくん)

 イラスト作品です。蘭ちゃん。寒空に屋上、風がとても良い雰囲気。

 中表紙の蘭は笑う。

 

2,グロウグロウアフターグロウ・ガガガガガールズバンドパーティ

  /Ride on shooting ster(茶渡エイジ)

 拙作なので言及せず。面白いから読んでね。

 

3,Beautiful morning with you(ルディ)

 さよひな小説です。さよひな同棲時空、恋人設定。迷ったり不安はあっても、明るい将来に向けて心を決めていく二人のお話。二人で良いラブソングを作っていってもらいたいですね。

 

4,アナザーモーニング(第一村人)

 パスパレ小説。語り部は麻弥ちゃんです。Pastel*Palettes結成から初ライブまでの舞台裏(?)を麻弥ちゃんの目線で丁寧になぞっていくお話。麻弥ちゃんはパスパレの精神的支柱です。

 

5,LAST DINOSAUR(ノノノ)

 漫画作品です。高校を卒業したアフロの話。何かの序章的な作品です。分かるよ。そこでグラっとくるの分かるよ。

 

6,王様になれ(いーふぁ)

 蘭モカ小説。雪の降る道を歩きながら思索する蘭ちゃんのお話。小説の体裁ですが、ここまで情緒的だと詩ですね。

 

7,光を放つ/ジョニー・ストロボ(かいわれだいこん)

 麻弥ちゃん小説。麻弥日菜ですが、麻弥ちゃんしか出てきません。あと幼女。Pastel*Palettes解散後の麻弥ちゃん、いつまでも日菜ちゃんに振り回されてて欲しい。幸せになってくれ。

 

8,ストレンジ カメレオン(浪川)

 たえさあや小説。沙綾、結婚するんだって。恋人じゃなくなっても、気持ちが通じ合える二人の尊さを感じられる作品でした。

 

9,千年後の今日/star overhead(安妨民)

 明日香メイン小説。香澄が自殺するという衝撃から始まる作品。明日香だけではなく、周囲の人々も変わったり、変わらなかったりして、「それ」を受け入れていく流れを柔らかめの語り口で描かれています。

 

 

 感想は本当に不得手なので、こんなものでご勘弁をば。なにとぞ。

 世の中の感想者の皆様には頭が下がります。

 ピロウズ合同、絶賛通販中ですんでよろしくオナシャス。

 

GIRLS ROCK AND SYMPATHY(積み木のお城)の通販・購入はメロンブックス https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=626383

 

 息災ならBDP10thとかでお会いしましょう。

 それではまた。

 

BDP8th「ホログラムを登る熊」解説

解説というほどのものは書けないし、

自分が書きたいので、考えていたことを書き連ねるだけになります。

 

 

BDP8thお疲れさまでした!

さて……。

新刊「ホログラムを登る熊」について。

今日の時点で、

在庫があと16冊メロンにあるので、販促の意味も込めて書きました。

 

読んでない人は何も考えずに購入だけしておくと良いと思います。

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=580139

特典はミッシェルのジョン・ウィックパロ・クソダサシール風カードです。

マストバイ。

 

ではまずタイトル。

平沢進のアルバム「ホログラムを登る男」から取っているように、

今作はハロハピと平沢進をコラボさせたSF小説です。

(ただ「ホログラムを登る男」収録の楽曲は一つもテーマに入れられなかった)

 

ホログラムを登る男(公式HPテスラカイト) 

http://susumuhirasawa.com/special-contents/release/13th-hologram/

 

拙作はこちら(しつこい)

https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=580139

 

表紙からは分かりませんが、

中表紙にサブタイトルが記載してあります。

「エラー・オブ・ミッシェルバース」です。

そうです。今作もミッシェルバースの作品群の一つだったのです。

これが言いたかっただけです。終わり。

にしてもいいんですが、

 

ミッシェルバースについて詳しくはこちら。

https://tama-laboratory.booth.pm/items/1436668?utm_source=pixiv&utm_medium=promotion&utm_campaign=pixiv-promotion&utm_content=work-new_items

 

ミッシェルバースの概念をハロハピに持ち込んだことで、

二次創作がかなり自由になるという効果が生まれたのは

とてもはかどります(自分が作るうえで)

まあこれに限らず、

本当のストーリーは公式だけですけど。

 

自分の書く二次創作の世界は、

だいたい失敗したアース、

ミッシェルが世界を笑顔にできなかったアースの話です。

どこかで破綻し、滅亡する。

もしくは一度滅亡した、という設定が裏にあって、はかどります。

 

蛇足。

『お嬢様はKeter』→現実改変者こころが一度世界をリセットした後のアースの話。

ハロー、ハッピーワールド!/ミッシェルバース』→巻末のオマケまできちんと読んでもらえれば、最終的にKeterクラスオブジェクトの収容違反が起こって人類が滅亡するアースの話です。

『ホログラムを登る熊』→物理的な世界は滅亡しており、人類は残されたサーバ上のデータとしてのみ活動しているアースの話。

『シャークネード5G』→初期案ではドッキリだと分かった後に、こころの現実改変能力で本当にシャークネードが発生し世界が滅ぶというシナリオでした。玉樹先生によるコミカライズ時に「長いしくどい」と言われて変更しています(笑)

蛇足おわり。

 

(自分の中では)ミッシェルバースはいくつもの世界が無限に存在するので、

今書いているものも並行した世界のできごとだと割り切ることができ、

より荒唐無稽な世界観設定を落とし込みやすくなり、はかどります(自分の中で)

 

終わり。

 

近況報告。

音声作品シナリオと、合同誌の原稿があって、

BDP名古屋をさよひなで申し込んだけど、まじで書く時間がないです。

やばいです。

何もなかったらごめんなさい。剣盾たのしい。

イヌヌワン。

3/21 さよひなオンリー新刊

OK、もう一度だけ説明するわね。

私は氷川紗夜。3417年前からこの世でたった一人の氷川紗夜よ。

ある日放射能を浴びた日菜に噛まれたけれど双子のミラーニューロンで呪詛を跳ね返して事なきを得たからこうして3417年ぶりにブログを更新したわ。

 

さよひなオンリーに参加するわ。詳しくは下記リンク

「世界でヒトツの大切な日」

https://sayohinaonly.wixsite.com/index

 

 

あとは知っての通り、3417年ぶりのサークル参加よ。

 

サークル「1251個」(スペース№ 紗-06)/代表:茶渡エイジ

新刊「Synthesis(シンセシス)」

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=73491213

 

前回イベントにサークル参加したのが2年以上前だからもう誰も覚えていないかもしれないけれど、サークル名が毎度インスタントでごめんなさい。たぶん次イベントに出るときも性懲りもなくその場しのぎで考えたサークル名になっていると思うわ。

ちなみに1251個というのは世界で一番ポテトを食べる国ベラルーシの人たちが1年間に消費するポテトの数なの。小学生の頃の夢はマックでポテト揚げる人になることだったわ。

 

……。

そうね。今回も小説本なんだ。すまんな。

表紙・イラストは光文社「ナルニア国物語」のコミカライズを絶賛連載中の玉樹庵先生。(ナルニア国物語 | 本がすき。

ゲスト小説はスーパーエモーショナルプロレタリア物書き職人のGaranhead氏。

前回と違ってデザイナーさんを入れていないので、デザインが表紙のイラストの良さを阻害していたら僕のセンスがしょぼいせいです。

イラストだけで1000円の価値があるからみんな買ってね。

 

ゲスト小説についても、本来ならそれ一本で同人誌にできる文量なので、合同小説同人誌ってほんとにコスパ良いよな(皮肉)と思いつつ、Garanheadさん(以下がらんさん)の作品を収録できたことで今回の新刊「Synthesis」が多方面に訴求できるパーフェクトな小説本になったのは間違いありません。

話は逸れますが、この前のBDP6thに一般参加してフィールド調査した際、バ!二次創作で同人小説出してるサークルさんが軒並みレベル高くてびっくりしました。今回の組版はそこで購入させていただいた本を参考にさせていただいた部分もありますので感謝です。

 

では少しでも皆様のご購入のご参考になればいいなと思いを込めて、

収録作品の紹介を。

 

「I ♡ HIPHOP SAYOHINAaaaaah!!!」

拙作です。余談ですが、本文の扉絵ではどうにもバランスが取れなくて<aaaaah>の部分がすべて大文字になっていますが、表記としては小文字が正規です。

 

内容は架空キャッチコピーの「氷川紗夜、ラッパーになる」が表している通り。氷川紗夜がラップバトルを披露します。珍しく1フレーズで内容が完璧に伝わる、生涯に一作あるかないかレベルの単純明快爽快痛快な作品となっています。

以前からMOROHAを聴いていて(仮面ライダーウォズのベルトの声やってる人がMCやってる二人組ヒップホップアーティスト)あのギターとMCの組み合わせがずっと良いなって思っていたので、今回それを紗夜日菜で再現できて満足しています。

 

さて今作を書くにあたって何作かラップを扱った漫画を読みましたが、中でも

「Change!(曽田正人)」

キャッチャー・イン・ザ・ライム(背川昇)」

この2作の影響が大部分を占めます。

さらにどちらもラップ×百合がテーマで、ガルパをプレイしているユーザーさんたちにもっと読まれてほしい良作です。

ちなみに現実のラップについてはライブハウスに行く時間も勇気もなかったので、YouTubeで無料公開されている戦極MCBATTLEの動画などを参考にさせていただきました。この作品を書かなかったらCreepy NutsR指定)も鎮座DOPENESSも知らないまま死ぬところだったので、人生をまた一つ豊かにできて良かったです。

 

ちょいエロはありますが全年齢作品です。

作品の都合上、男性オリジナルキャラと紗夜が過去に所属していたバンドの女性キャラ(ガワはRoseliaStageに出てますがキャラクターは創作です)が出てくるので、二次創作で苦手な方はそこんところ自己責任でお読みください。男性キャラについては上記Pixivのサンプルで一部確認が可能です。

 

 

「日菜 feat.おねーちゃん feat.日菜」

がらんさんには以前から同人誌に寄稿していただいたりしていたのですが、今回もシノプシスを読ませていただいた時点で傑作でした。

何作か読ませていただいていますが、同じ文字書きとしてがらんさんの作品が凄いと思うのはまずもって完璧な構成です。構成なんて理論的に組めるだろと思う人もいるかもしれませんが、実際に構成と作品の完成度を両立できてる人ってプロでも少なくないですか? 僕はできないので心底尊敬してます。

正面から音楽を取り扱った作品であり、TV番組の企画で二人で演奏することになった紗夜の心情を通して、紗夜と日菜の成長とか関係性とか、第三者に流されない、二人だけの音楽を見つけていく過程が丁寧な描写で書かれます。僕は書評や感想文が苦手なので、あとは本文を読んでいただきたいとしか言えないのがもどかしいところ。

 

僕の作品がノリだけで書かれているので、こういうしっかりした作品が隣にあるだけで僕の作品の質まで上がったように感じますね。エモい。

 

そんな感じで、

書店委託無しですのでぜひ会場で手に入れてください。

拙作本文についてはそのうちWebで全文公開しようと思っていますが、紙の本じゃないと読みづらい文体で書いちゃったから申し訳ないです。

 

あと間に合えば会場限定でグッズ的なものがあるかも。

 

ではでは。

当日はぜひ紗-06にお越し下さい。