読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サドさんのK2ブログ

シナリオライター、茶渡エイジのブログです。タイトルのK2はケツと読みます。

この本がなければ僕は生まれていなかったかもしれない本。柴田翔「されどわれらが日々―」

 最近よく思うのは、今って60年代みたいだよね、ということ。

 その正否はおいといて、今って60年代だよね、と思うことが多い。学生デモはあったし、コンクリート・レボルティオも2期やるし、一周回ってゴレンジャーの造形がめっちゃ格好いいと感じるし、ビートルズが復活するかどうかはおいといて、なんやかんや60年代がリバイバルしてる感じがあるね、ということ。

 ※ゴレンジャーは70年代の作品です。

 

 それ以上にぼくが60年代に惹かれるのは、今20代の若者がおかれている状況が、60年代の閉塞にそっくりじゃないかと感じるからだ。あの頃とはまた別のベクトルで若者の多くはたいへんに衆愚化されてしまっているのはたいそう嘆かわしいことである。

 

 柴田翔の「されどわれらが日々―」を母親が購入したので、読んだ。

 

 そうなのだ。私の幸や不幸は問題ではない。節子の幸や不幸は問題ではない。人は生きたということに満足すべきなのだ。人は、自分の世代から抜け出ようと試みることさえできるのだから。

 節子のそれが成功するかどうか、それは判らない。節子はあまりに感じやすく、あまりに生を愛しすぎる。が、成否の如何にかかわらず、私は、いや私たちは、そういう節子をもったことを、私たちの誇りとするだろう。
 やがて、私たちが本当に年老いた時、若い人たちがきくかも知れない、あなた方の頃はどうだったのかと。その時私たちは答えるだろう。私たちの頃にも同じような困難があった。もちろん時代が違うから違う困難ではあったけれども、困難があるという点では同じだった。そして、私たちはそれと馴れ合って、こうして老いてきた。だが、私たちの中にも、時代の困難から抜け出し、新しい生活へ勇敢に進み出そうとした人がいたのだと。そして、その答えをきいた若い人たちの中の誰か一人が、そういうことが昔もあった以上、今われわれにもそうした勇気を持つことは許されていると考えるとしたら、そこまで老いて行った私たちの生にも、それなりの意味があったと言えるのかも知れない。(p217-218)

 

 1964年に出版され、昭和39年の芥川賞を受賞した作品。

 学生運動後の若者を描いた青春群像劇が、まさに今の(苦境に立たされる)若者が読んで共感できる(とくに前半の佐野の手紙とかな!)ので、やはりぼくの肌感覚の60年代リバイバルは正しいのだと信じさせてくれた。

 いや、そのへん個人の感覚だし、今「見えない何か」と闘っていない人にはおそらくこの感覚はないだろうけど。

 話は変わるけど、なぜ母親がこの本を買ったのか。

 当時、母の高校の教師がこの本を「われらが世代の書」的に紹介してくれたそうだ。中大卒の、たいへん面白く人気のある先生だったらしく、母親もその影響でこの本を読んだ。そして数年経ち、母は18歳離れた父と会うのだが、父もまた中央大学の法学部卒であり、その先生と同じ大学であることが歳の差を乗り越えるきっかけとなったのである。つまり、この本がなければぼくが生まれることもなかった。あー、だから60年代に親近感があるのかもしれませんな。

 最後に、とても有意義な読書だったことを記しつつ、父親が教えてくれたあの頃の三大タイトル「されどわれらが日々―」「パルタイ」あと一冊が何だったのか思い出せないことも付記しておきます。いや、父にもう一度訊いて来ればいいんだけども。

 ではまた。

 

されどわれらが日々ー (1964年)

されどわれらが日々ー (1964年)

 

 

 

桜の季節だし、とりあえず歳時記は一冊買っておこうぜ。

f:id:le_aire:20160403223702j:plain

特に加工もしてないけど桜の写真を撮ったので久しぶりにブログ更新したよ!

見てくれよな!

 

f:id:le_aire:20160403223941j:plain

一枚目の写真は池の桜を俯瞰で撮影したものです。

ロケ地は伊勢神宮と並んで近隣50mに住む人なら誰もが知る有名な神社、石刀神社。参道から境内までズーンと続く立派な桜並木がありますが縁日がでるわけでもなく人も多くないのがまさに穴場ですね。そんな経営マインドで大丈夫か。

 

どうでもいいけどこの周りの家は庭に桜の木を植えているところが多いです。

「自宅の庭にある桜の木」を意味する日本語もちゃんとあって「家桜」といい、俳句の季語ですが実際のところ家の敷地に桜を植えてる人でなければ使えない季語なのでレアです。

 

 幹太く大いなるかな家桜 高浜虚子

 

この記事を読んでる人々には空気に酸素が含まれているくらいの常識ですが、二枚目の写真のように桜の季節の曇りがちな空のことは「養花天」。もうすぐ花が散って川に流れる様子は「花筏」です。読み方?反転して右クリックしてググれば出るで。

 

こういう、文字にすると心惹かれ口に出すと煙たがられる単語がやたらめったらいっぱい載っているのが歳時記です。字書きを目指す人はとりあえず一冊、なんでもいいので買ってみて、みなさんもこの春から腐れ文化人デビューしましょう!

いちばんわかりやすい 俳句歳時記―現代の生活に即した四季折々の新旧七千季語を収録

いちばんわかりやすい 俳句歳時記―現代の生活に即した四季折々の新旧七千季語を収録

 

 

何も知らないところからKDP出版をしよう!・終編(Tumblr設定&ランディングページを作る)

【CM】

 その一冊が(ランキングの)力になる。KDP。

 

祝★KDPデビュー!

シリーズ「何も知らないところからKDP出版をしよう!」

おまたせいたしました。これが本当に終わりの終編です。

 

前編・中編・後編はこちらからどうぞ! 

sade.hateblo.jp

sade.hateblo.jp

sade.hateblo.jp

 

 

目次

前編:原稿作成時の注意。AmazonKindleアカウントを取得。見出し・ルビ・縦中横の指定方法。

中編:表紙の作成。Pixabayで表紙画像を探す。でんでんコンバーターで変換。

後編:KDPに登録しよう!(一部変更)

終編(このページ):でんでんランディングページを使ってみる。(一部繰り上げ)

 

※予定しておりました「EPUB to Twitterを埋め込んでみる」は紙面の都合上、個別に記事を作ることにしました。茶渡先生のはてなブログにご期待ください。

 

前回までのおさらい

念願のKDPに登録し、ストアで販売することができました。

さて今回は、自作の宣伝について考えて行きましょう。

 

読者に届けたい!

みなさんは「ランディングページ」という言葉を聞いたことがありますか?

言葉は知らなくても見たことはきっとあると思います。

作品を宣伝するために作られた専用の告知ページのことで、

HPやブログと違って基本的に単発のものです。

 

ツイッターでの告知はラクですが、

情報に埋もれること、流されてしまうと見てもらえないこと、

そして何度も再掲とかしてるとTLのお目汚しになりかねないことなどから、

ランディングページがあると、

いざというとき「ここを見てね」とスマートに誘導することができます。 

 

売上そのものに繋がるとは言い切れないので、

「手間だなぁ」と思う人はやらなくても、なんの問題もありません。

本来は出版社の広報などが担当するところなのです。

それを個人作家がやるのですから、本職小説家にとってはプライドもへったくれもありません。でもKDP作家はそれも含めてやらねばなりません。嗚呼、知名度。

 

もしあなたがWeb職人の方なら、

自分で好きなようにスタイリッシュかつファンシー、ポップでミニマルな

ランディングページを作成できることでしょう。

でもそうじゃない人はランディングページは作れないのでしょうか?

いいえ、ここに強い味方がいます。

 

でんでんランディングページを活用しよう! 

前回予告したように、ランディングページ作成には

「でんでんランディングページ」を使わせていただきました。

github.com

横文字アレルギーの人にとっては、開いた瞬間そっ閉じかもしれません。

でも大丈夫、こんな僕でもなんとかなりました。

1つずつ見ていきたいと思います。

 

 用意するもの

Tumblrのアカウント

KDPで使った表紙画像

小説キャラクターの画像(あれば)

時間

 

Tumblrはいいぞ

え? と思った人がいるかもしれません。

僕自身、この記事を書くまで忘れていました。

「でんでんランディングページ」は「Tumblr」というSNSを利用します。

なので、お手数ですがTumblrのアカウントを取得してください。

Tumblrは素敵なイラストレーターさんもたくさん利用しているので 、この機会に始めてみるのも手です。

と、自分でもつぶやいていましたが、

自分はランディングページ用に新しくTumblrアカウントを取得しました。(規約違反じゃないよね?)

 

ぶっちゃけ、

Twitter感覚で使おうと思うとTumblrは非常にややこしいです。

英語ベースだし、行きたいページになかなか行けない。

アカウントを取得すると、

ダッシュボードがデフォルトで開かれますので、

f:id:le_aire:20160125165713p:plain

赤で囲った部分、

自分のアイコン画像を押して(画像設定していない場合は初期の画像が出ます)、

 

f:id:le_aire:20160125165815p:plain

右側に開いたところで、URLをクリックします。

すると目当てのページにたどり着きますので、

f:id:le_aire:20160125165938p:plain

Edit themeをクリックします。

f:id:le_aire:20160125170508p:plain

こんな画面が出ます(これは変更後なので、最初はちょっと違う感じになります)

 

さてここで、一旦、でんでんランディングページのサイトに戻ります

少し下にスクロールすると、

f:id:le_aire:20160125170059p:plain

 という場所があるので、

はじめは「通常版はこちら」をクリックして、出てきたHTMLをコピーします。

 

そして再びTumblrの先ほどの画面に戻り、

f:id:le_aire:20160125170659p:plain

「HTMLを編集」をクリック。

元あったHTMLを全て消して、

でんでんランディングページの「通常版」からコピーしたものを貼り付けます。

これで、基本形の完成です。

 

「外観オプション」の「タイトル」はサイトのタイトルで、ページには表示されません。書籍タイトルではないので気をつけてください。

逆に「説明」は「STORY」としてページに表示されますw

 

ランディングページの設定を埋めていこう

Tumblrのカスタマイズの「テーマオプション」を変更していくことで、

あなた専用のランディングページが出来上がるというのが「でんでんランディングページ」の特徴です。

 

正直、英語を読む気力さえあれば、

あとは「でんでんランディングページ」のサイトに詳しいサンプル付き説明がありますので、そちらをご覧になってください。で済むのですが、

直接的な説明になっていない部分もあるので、

最低限これだけ設定すれば終わりという部分だけ、

上から1つずつ設定を解説していきます。

f:id:le_aire:20160125171504p:plain

:本の表紙をアップロードできます。

f:id:le_aire:20160125171536p:plain

:関連商品の画像をアップロードできます。不要ならスルーです。

f:id:le_aire:20160125171151p:plain

:著者の画像をアップロードできます。Twitterアイコンなどでよいかと。 

ちなみに画像を設定した項目は「カメラ」から「ペン」に変わります。 

f:id:le_aire:20160125171857p:plain

:BookLanguageは日本語です。

:16:9はいじらなくて大丈夫。

:キャラクター紹介の表示列数を決めます。通常版では1~4までです。

:関連商品の表示列数も同様です。

 

ここからは個別に情報を書き込んで行きます。

でんでんランディングページのサイトから「デモページ」を見ながらでも作ることが可能ですが、一応。

f:id:le_aire:20160125172820p:plain

:SiteSubtitleはツイートする際に表示されます。

:本のタイトル、本のサブタイトルを書き込みます。

:シリーズ名があれば「Book Collection Title」の欄に入力します。

 

f:id:le_aire:20160125173021p:plain

Kindleで決めた価格を入力します。意外と間違えるので気をつけて。

:キャッチフレーズを入力します。サイトの先頭に大きな文字で表示されます。

※ここでは改行が反映されません。HTMLタグを使用します。

 <br/>などHTMLタグが使える項目と、使えない項目があります。

 大抵使えますが、でんでんランディングページで必ず確認してください。

:サブ・キャッチフレーズも入力できます。僕は空欄にしました。

 

f:id:le_aire:20160125173308p:plain

:キーワードを入れます。Kindle(上限7つ)よりも多く書けます。

:「SectionDescription Lead」はストーリー紹介パートにリード文を入れることができます。サイトで一番大きい文字になります。なお、紹介文そのものは上述した「説明」に書き込んだ文章が表示されます。なぜ並べて表示しないのか。

:以下、動画やオーディオ設定が続きますが、空欄で。

↓ここまで空欄。

f:id:le_aire:20160125173705p:plain

:最初から書いてある部分も、

 最後に後述するボタンで非表示にすれば表示されないので、

 わざわざ消す必要もありません。

 必要ありそうなところだけ書き込みます。

 

f:id:le_aire:20160125173802p:plain

:キャラクター紹介です。通常版では4人まで書くことができます。

:キャラクターに画像がある場合は、一番最初の「カメラ」マークが並んでいるところから画像を設定します。めんどくさいですねー。

 

f:id:le_aire:20160125174137p:plain

:プレビュー埋め込み設定です。「EPUB to Twitter」というビューワを使用します。(これについても後で説明します)

 最悪「もう無理」と思ったら、ここは空欄でも構いません。

 

f:id:le_aire:20160125174418p:plain

:商品詳細を書き込みます。

:日付の書き方に気をつけてください。

f:id:le_aire:20160125174509p:plain

:パブリッシャーURLをつけると、作者名から個人サイトに紐付けできます。

:書籍フォーマットは個人的に恩義もあり、上記のようにしました。

 わざわざ書かなくても大丈夫ですが、EPUB3はいいぞ。

 

あとしばらくずっと空欄が続きます。

次に書くのは入手方法の欄です。

f:id:le_aire:20160125174703p:plain

:AcquisitionLinkURLは、Kindleストアに並んだあとに書き込みます。

 

f:id:le_aire:20160125174831p:plain

:関連商品の項目です。

 画像はやはり上方の「カメラ」マークが並んだところから設定します。

 必要なければ空欄でOKです。

 

f:id:le_aire:20160125175012p:plain

 :著者紹介です。

:AuthorNameKanaには読みがなを入れても、Twitterアカウント名を入れてもいいです。デモページからしてTwitterアカウントになってますw

 :著者の役割(AuthorRole)も「著者」以外にいろいろ好き勝手遊べます。

また、複数名の著者を紹介することも可能です。

 

さあ、巻いていきます。

これは最後でいいのですが、

項目の表示(青)/非表示(灰)が設定できます。

余分なものが一切ないランディングページが完成します。 

f:id:le_aire:20160125172123p:plain

動画設定、オーディオ設定、 も省いています。

それらが必要な方は、

f:id:le_aire:20160125172406p:plain

を青色にしてください。

さて、だいたいOKですが、

まだ試し読みのパートが残っています。

これを設定したら見た目も良くなります。

もう少しがんばってみましょう。

 

 

そしてできあがったランディングページがこれだ!

cooltidalwavetimemachine.tumblr.com

 

はい、とても疲れましたね。

でも大丈夫、最初だから面食らうだけです。

2作、3作と作っていけばきっと慣れます。

……え、その頃にはもう忘れている?

いやだな、そのためにこうして覚書ページを作ったんじゃないですか。

あなたが次の作品を書き上げて、

「あれ、手続きってどうやるんだっけ?」と思った時、

またここに戻ってきてください。

では、長い間お付き合いありがとうございました!

 

【記事のお供にKDPをどうぞ】 

マリアクロエ 警視庁公安13課『限界集落燼滅係』: 同時上映「老人集落VS機関銃ガールVS女王様 feat.JC巫女~(R-18指定作品)」 [Kindle版] [アダルト]

茶渡エイジ (著)